豊胸になるための情報を得て、体に負担をかけず豊胸を目指しましょう!

2009年12月01日

豊胸術



バストが小さくて嫌だなと思っている女性は多いと言われています。


バストが小さいことがコンプレックスとなり、
自信をなくしてしまっている人も少なくない
のです。


豊胸とは、バストアップとも呼ばれていて、
今では豊胸の方法は実に様々です。


くっきり谷間がほしいなら、最低2カップアップする方法は効果的です。


豊胸と言えば、整形外科などで豊胸手術を受けることが
バストアップの近道と言えます。


実際に多くの小さいバストに悩む女性は
豊胸術とよばれる手術を受けています。


豊胸術はバストを大きくするだけでなく、
垂れてしまったバストをアップさせたり、
バストにハリを持たせたりと目的によって手術はそれぞれなのです。


豊胸術には、バッグ挿入法・・・バッグとよばれる人工で
作られた乳腺をわきの下から入れる方法と、
脂肪吸引法・・・お腹や太ももなどから吸引した脂肪を
バストに注入しバストアップさせる方法があるのです。


特に脂肪吸引法は、気になる部分の脂肪を吸引し、
バストに注入するという方法ですので、
バストアップをしつつ気になる部分は痩せることができるので
嬉しい方法といえますが、
やはり手術ですので、デメリットもあります。


メリットとデメリット、手術代などを考えながら
どういった方法で豊胸を目指すかを考えるといいでしょう。


posted by 豊胸情報 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 豊胸 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊胸 「リチェスト」



☆バストアップに必要不可欠な女性ホルモンの量を増量!!


女性のバストの大きさを決めるのに重要なのが

女性ホルモンです。


この女性ホルモンが成長期にどれだけ分泌されているかによって

バストのサイズは大きく変わってくるんです。


要するに成長期の女性ホルモン分泌が不十分の場合に

バストが未発達となってしまうのです。


「リチェスト」はこの女性ホルモンの高い分泌作用を持つ

「白プエラリア」を凝縮配合していますので、成長期を過ぎた

場合でも、確実なバストアップ効果をもたらす事が出来るのです。



☆ホルモンバランス量を調整して限界までバストアップ


通常、体内の女性ホルモンバランスは常に一定というわけではない

ので、どれだけ女性ホルモンが多くても単純にバストアップにつながる

というわけではありません。

そこで「リチェスト」は女性ホルモンの調整作用をもつ

「レッドクローバー」を配合し、女性ホルモンのバランスを

正常な状態に保つことができるよう配慮しました。


さらに女性ホルモンが増量されることで、

お肌のハリ、ツヤがアップし美肌効果が得られます。

また、バストの成長を阻害するストレスを軽減するために

「テアニン」を配合していますので、バストの成長にとって

もっとも良い体内環境を作り上げる事が出来るのです。



☆胸の中央部から大きくなるから形の良いバストに


今までのバストアップサプリはただバストを大きくするだけ

でしたが、「リチェスト」は「アマニ種子エキス」という

乳腺に直接作用する成分が配合されていますので、

従来ではありえなかった、胸の谷間からのバストアップにより

形の良いバストを作り上げる事が出来ます。


リチェスト【@チョイス】


posted by 豊胸情報 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法



元婦人科薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した

バストアップ法があります。

バストの成長に最も大切なもの・・・?

それは女性ホルモンの作用で「乳腺」を成長させることです。

バストの大きさはこの乳腺の脂肪量で決まります。

そしてこの「乳腺」を発達させるには女性ホルモンの分泌が不可欠と

言われています。


元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法


このバストアップ法は10代前半の頃に感じた胸の成長と同じような

感覚を覚えることが出来るということです。


なぜなら女性ホルモンを確実に作用させる方法論を見つけたからです。

一日たったの10分で出来て早い方なら三〜四週間で効果を感じる始める超簡単

バストアップ法なのです。


元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法


posted by 豊胸情報 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。